依存する理由を知る

スポンサーリンク

適応障害でうつ傾向、不眠症傾向にあるのは何かの日記で書いた記憶があるので省きます。今回はそれらに対する薬についての感想日記を書きます。

まずうつに関しての薬。
これはあんまり強いものではないのですが、ちゃんと、多分効いてるんだと思います。と言いますか、もう職場に行っていませんし、ずっと家にいるのでそれが発症する理由が無いのでなんとも言えませんが。一応、転職先は決まっていてそれでどうなるかは知りませんが多分大丈夫だと思います。適応障害の理由はほぼ明確で、給料未払いの部分からくるストレス反応だと思われます。

そして不眠症の薬。
これが結構深刻で、元々寝付きが良くない方の人間が、ずっと在宅で日光を浴びず生活リズムがボロボロであればそれはもう自律神経がズタボロで。初診で貰った薬とか全く効かなくて、今はサイレースとハルシオンという薬を処方されています。これが本当に凄くて、ちゃんと眠れるんですよね。若干の副作用が気になるところで、それが仕事が始まった時にどうなるかは分かりませんが、まあ今のところは薬に助けられています。ググると中々悪名高くて、やれレイプドラッグだとか云々出てきますが、しっかりとした目的で使っているのでね。ほんと凄いよ

薬は段階を踏んで弱くしていって、やがて薬なしで生活することが目標にはなりますが、今のところそれは見えないですね。あまりにも薬が効いていて、それなしで眠れる気がしません。疲れていれば眠れるでしょって人もいるだろうけど、疲れすぎている時、逆に眠れなくなる時もあるので仕事が始まった時が心配ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました