人気が出ると楽しめなくなる

スポンサーリンク

人気が出ると楽しめなくなってしまう人

好きなアーティストやクリエイター、漫画が流行り始めると何故か好きではなくなってしまう人がいると思うんです。かく言う私もその一人です。いまいちピンとこないなら、行きつけの知る人ぞ知るいい感じのバーがバラエティ番組で放映され、それ以来人で溢れかえってしまう。雰囲気、接客が変わってしまう。みたいな感じ。いや、ちょっと違うか。まあいいや。

流行ることは悪いことではなくて、流行ればそれだけお金が作者の元へ行ったり(かないこともありけり)、作者の創作意欲が湧いたりするわけです。それで何が嫌、楽しくないかって言われると、”大衆にウケそうなただのありきたりな凡作”になって行くことです。素人が偉そうに何言ってんだって感じですけどね。

よくありませんか?「昔は面白かった」って感じの漫画。(例に挙げやすいので漫画で話しを進めます)

主観で、好みの問題だと思いますが、少なからずこう感じる人はいるはずです。個人的に面白いと思った漫画は10巻程度で終結します。長くても20巻いかないくらい。早ければ10巻もいかない。話のテンポも伏線の張り方、回収も見事にされています。何十年、何十巻と発売されている漫画はだいたい中だるみがあります。登場人物の背景を数巻に渡って書いたり、その章だけ出で来る意味わからんモブだったり、それの背景をダラダラ綴っていたり。それがとにかく嫌いで、所謂みんな大好き人気長編漫画ってこんな感じだとおもうんです。背景とか、展開って読み手の想像を掻き立てるはずなんですけど、それはなくて、最早猿でも分かるほど事細かに説明されているんですよね。そのため馬鹿長い。人気が出ると、連載を長くしてほしい、そんなこともあると聞きました。

人気が出て、売れて、金が入る。このうえない幸せだと思います。

以上、好きなものは流行る前に廃れてほしい。そんな感じの社会人GWでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました