相乗りのお姉さん

スポンサーリンク

豪雨、遅延

豪雨の影響で電車が遅延しています。

そんなニューズを見ると思いだすことがあって。

タクシーのお姉さん。


なんかこう言うとえっちですね。とてもえっちです。
運転手じゃなくて、相乗りで一緒に帰ったお姉さんのことです。

お酒

確か8月にしては涼しくて、なんとなく雨の匂いがして、一雨来そうだなって。
朝からそんなこと思ってて。結局、関東では記録的な雨量を観測しました。

”〇年ぶりに記録更新”

最近大安売りをし過ぎてなんとも思わなくなりましたね。

この日は友人とお酒を飲む予定で、埼玉のはずれまで行きました。
雨が降っていて、隣でお酒を飲む友人と、反対側にいるバーテンダーを挟む形で。
会話をしながら視界の端でチカチカと光るテレビがなんとなく気になって。

(なんで大雨の時ってわざわざ外で”凄い雨です”って言うんだろう)

とか思ってた。大変なお仕事ですね。
それを横目に見ながらお酒を飲んでいました。

そう言えばリポーターとレポーターって何が違うのかな。

Google大先生によると、和約は「記者」で両方意味は同じ。ただ、日本新聞協会加盟の新聞社や放送局及び日本雑誌協会加盟の出版社は「リポーター」に統一しているらしい。普段目に付くのは「リポーター」なはずだが何故ここで「レポーター」が頭を過ったのか、よくわかりません。

帰宅

流石に終電まで遅延されると帰る足が無くなるので、その1つ前の電車で帰ることにしました。
因みに、一回だけ終電が遅延して50㎞を6時間半くらいかけて帰りました。帰ってから気付いたんですが、途中で始発動いているんですよね。なんで気付かなかったんだろう。

終電逃す嫌だから1個前で帰る、どうやらこれがフラグだったようで、
突然の腹痛で乗換駅でトイレに、それでも終電があるので大丈夫と思っていましたが、なんとビックリ動物を轢いて(異音の察知)で見事に終電が無くなりました。

最期の乗換

最期の乗換が叶わなかった訳で、さあここからどうするって問題で。

私はよくネットカフェに籠るのですが、いつも言っているネカフェが近くになく、かと言ってタクシーで帰るのも高いなと迷っていたら、

”タクシーで振り替え輸送を行ないます”の字面が。

凄いですよね。JRの遅延のおかげで乗換が叶わなかったので、多分JR持ちなんだろうと思います。その駅から終電予定だった各駅行のタクシーを派遣してくれるって凄いですよね。

駅員さんが”〇〇駅までの方こちらに~”って振り分けてくれて、大変そうだな~って想いながら、列に並びました。ただ、タクシーの数と乗車予定人数にあまりにも隔離があって、これ何時間かかるのって。まあでも無料だし、大人しく待ちました。こういう時にもきっといるんでしょうね。”クレーマー”という方が。幸運なことにその時はいませんでした

なんだかんだで1時間待ったところで私の順番が来ました。

高速×タクシー

タクシーには運転手除き4人の相乗りで帰るみたいで、

おっさん┃運転手
お姉さん1┃お姉さん2┃私

の形で乗車しました。おっさんの隣は嫌だなと思っていたところに、そのおっさんはそそくさと助手席に向かったのでラッキーでしたね。決してお姉さんの隣が良かったわけではなくて、おっさんが嫌だったんです。決して。

おっさんは見た目50代、お姉さん達は20代くらいと言っていました。おっさんだけ見た目って言ったのは、おっさんだけ唯一、一言も車内で言葉を発さなかったからです。確かに若者会話に割って入れないですね。私でもそうなると思ます。今社会人だ学生だ、遊びに行った帰りだ、ハロワの帰りだ、働きたくない、養ってほしい。なんて話をしていました。

あっという間に目的地に着きました。それなりの距離があったと思うんですが、高速道路を使ったようで思ったよりも早く着きました。凄いですね、無料タクシーで高速に乗ったのは初めてです。

ここで気付いたんですが、私、乗るタクシー間違えたんですよ。
本来ならその一個前の駅に行くタクシーに乗るはずだったんです。

「じゃあ送るよ」

駅について、何故かみんなお疲れさまでした~って言いながら解散しました。なんだか日本人らしいですよね、そういうところ。嫌いじゃないです。

「私君はどうするの」って聞かれたので、
「歩いて帰ります。30分くらいで着くので」と。

目的地が違うことをお姉さん2(以下お姉さん)は車内での会話で分かっていたみたいで。私は50㎞歩いた猛者なので正直30分は余裕です。

「じゃあ送るよ。一旦アパート行っていいかな」

別に他意は無く、車がアパートにあるって意味でした。ちょっと残念。
近くにお姉さんが住むアパートがあるらしいので、歩いて向かうことに。せめてものお礼ということで、荷物を持ちました。偉いね。

送ってもらう間、恋バナとか結婚とかのお話をしました。どうやらお姉さんは結婚願望が強いらしいです。ただダメ男によく引っかかるって言ってました。

「なんでよく知らない人を送ってくれるんですか?
 てか、よく知らない男を乗せますね」

「だって私君、何もしなさそうだもん」

(乾いた笑い)

この会話が一番印象的でした。どうも、草食系男子です。

自宅とその後

到着してお礼を言って車から降りようとしたらLINEを聞かれたので、交換してサヨナラしました。

それから2回、お酒を奢ってもらい、今に至ります。
終電逃してがっくりきたところで、思いがけない出会いがあって楽しかったですね。

あ、そうだ。お姉さん、ご結婚おめでとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました